Happy 12th birthday!

c0289791_02162636.jpg

小猿ちゃんのお誕生日でした。
今年のリクエストは、
レッドベルベットケーキとか言い出しまして、
初めてチーズクリームに挑戦。💦

c0289791_02162667.jpg

c0289791_02162728.jpg

c0289791_02162768.jpg

ぬいぐるみに大喜びするのも、
この年までかな〜。
いつまでも、ベビーでいて欲しいけど、
これからも相手の気持ちがわかる、
優しい小猿ちゃんでいて下さい。💐

このぬいぐるみを助手席に乗せて、
学校まで迎えに行くという
サプライズをして頂く為
いつもより早く帰宅して頂いた介さん。

前日は、夜遅くまで
今日は早朝から、オフィスに篭っていらっしゃいます。

アメリカンな小猿ちゃんを満足させる為
三人三様の子育てに、未だ奮闘中です。
[PR]
# by viola2013 | 2018-12-09 02:07 | 小猿ちゃんの毎日 | Trackback | Comments(0)

Advent 1

c0289791_09003771.jpg

アドベント一週目

イエスさまを育てたマリアは、
計り知れない子育ての葛藤があったのだろうと、
色々想像してみる朝。

貧富の違い、人種の違い、信仰の違いと
様々な葛藤をしながら、
子育てをしたのではないかしら、、、

ヨセフは、マリアと幼子イエスを
自分の人生に受け入れ続けることに
葛藤することはなかったのか、、、
マリヤは、重くのしかかる現実と
先に待つ苦しみと不安を
どうやって、乗り越えていったのだろう、、、。

アドベントは、待ち望む時であるから
何を待ち望むのか?何のために待ち望むのか?
もう少し、自分の中で
クリアにして過ごしたい。


"あなたへのしるしは、こうである。
『今年は、落ち穂から生えたものを食べ、
二年目は、それから生えたものを食べ、
三年目は、種を蒔いて刈り入れ、
ぶどう畑を作ってその実を食べる。
ユダの家の中の逃れの者、残された者は、
下に根を張り、上に実を結ぶ。
エルサレムから残りの者が、シオンの山から、
逃れの者が出て来るからである。
万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。』"
イザヤ書 37章30~32節
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会

私達が待ち望むのは、絶望の中に残された慰め。

ボンフェッファーの言葉を思い返しながら

待ち望むことができないもの
一人になって、その心を主に向けることができないものが
キリストがこの世にもたらした本当の光を、
栄光を見ることは
この現実の世界で、なかなか容易なことではないなぁと

マッチ売りの少女で、
アンデルセンが伝えたかったことのように、、、。
私にとっても、寒くて辛くて可哀想な
お話でしかなかったなぁ〜。

待ち望みのプロセスが、あってこそのあのお話。

深すぎて、非常に捉えにくかったかのですが
その大切さをひしひしと、、、、

マリアの思いもまた、、、絶望の中の慰めとして、
どう乗り越えていったのだろうと思う時
ひとりになって、黙し
神さまの御言葉を待ち望む
それに尽きるのだろうなと思う夕暮れ。

[PR]
# by viola2013 | 2018-12-03 08:24 | メッセージ、本を振り返って | Trackback | Comments(0)

Hula with my daughter

c0289791_08244449.jpg

本日、次女子さんと賛美フラの
親子デビューいたしました。

思えばめいこ先生からの最初の個人レッスンに
「娘さんも連れてらっしゃいよ」と
お誘い頂いたのが、次女子の初レッスンでした。

それからの母の奮闘を
冷ややかな目で、笑っていらっしゃいましたが
夜な夜な、「あの海のように」を練習し
本日のデビューとなりました。

ウクレレワーシップを、
独学で学んでいる彼女を、
いつか、ハワイ短期留学でもさせようかなどと、
母の企みはつきず、、、、。


[PR]
# by viola2013 | 2018-12-03 08:14 | 次女子の高校生活 | Trackback | Comments(0)

coffee roaster

c0289791_01282537.jpg

ようやく 、ステパノ君から頂いた
生豆とロースターで、
介さんが焙煎をはじめました。

ローストした後の色はこんな感じ。
c0289791_01282674.jpg

新鮮なだけに、ぷくぷくが凄かったですが、
お味は炭火焼き。
最近は、炭火焼きが身体にきつく感じる老体。

「次はもう少し浅煎りかな」と
完全に逃避モードが入っている模様。

c0289791_01282668.jpg

ロースターと生豆を、なんでもない日に
プレゼントしてくれるステパノ君は
彼の中での日本人牧師のイメージを覆すと
神学的立場とミニストリーを絶賛してくれる。

かくいう私は、
ステパノ君のメッセージを、聞いたことがないのだけど
彼のふとしたさりげない優しさは
ご両親譲りなのですよね。
本当に、いつも慰められています。

お二人とも、これから多忙な時期に入りますが
気合い入れつつ、アドベントを味わいながら
身体に気をつけて、過ごして下さい。
[PR]
# by viola2013 | 2018-11-28 01:10 | おうちカフェ | Trackback | Comments(0)

Amazon Books

c0289791_19180575.jpg

Black Fridayは外出しない為
サンクスギビング1週間のお休みに
どこにも外出していない事に
気がついてしまった子ども達。

我が家は、週末にかけて身動きが取れなくなるので
子どもたちと私で、遥々、、サウス Sまで
介さんのプレゼントを買いに行きました。
でも、在庫ありというHPの情報は偽りだった。

当たり前といえば当たり前なのですが
子ども達が貯金箱をひっくり返して
「これは絶対にダディーが喜ぶはず!」と
勝手な確信を持って
決心して行っただけに、ガッカリ。

司令塔である長女から
「だから早くオンラインで買えばよかったのに」といじられる。😭
#BlackSaturday

そして、週明けの月曜日は本屋さんの日。
今日は、午後からAmazon booksと
クリスチャンブックストアに行きました。
c0289791_19180595.jpg

別件で行ったはずなのに
思いがけずに、この時期大セールをするものを
見てしまいました。

あれこれ悩んでいた割には
なんと今日のディールの$9のジェンガと
$5ドルと$20のセットを見つけ
「これなら良いかも」とアッサリ決定!

これにて、ほぼ子ども達の
クリスマスショッピングは終了。
今年は、Amazon本屋さんで
済んでしまった手軽さ!

これまで、子ども達が年々大きくなるにつれて
クリスマスプレゼントのWishって
エスカレートして行くのかと思いきや
長女が遠くの大学に行ってからは
プレゼント交換よりも
家族が一緒に過ごせることを
互いがとても楽しみにするようになってきた気がします。
(もうサンタさんに、期待していないともいいますけど、、、)

来年の1月には、2人がWinter Visionに
長女は、ドミニカ共和国に行きます。
それだけで、大変だとお察し下さったのか
ピローペットを、リストにあげてきた人もいます。
だけどアレクサ、、、
今でも、ピローペットって売っているの?

しみじみと、、、、
物と情報の溢れる時代に育ち
時には溺れそうになり、葛藤しながらも
「自分は自分」と必死に向き合おうとする
そんな、子供達を見ながら
今しかできない経験や学びを通して
色々な事を吸収して欲しいです。

みんなと一緒じゃなくていいから
神さまから与えられた賜物が活かされ
どんな時にも、自分自身で喜びや幸せを
そして、神さまを見つけることができるように
成長してほしいものです。


[PR]
# by viola2013 | 2018-11-27 17:39 | Trackback | Comments(0)

Thanksgiving dinner

c0289791_01345227.jpg

🍁Happy Thanksgiving 🦃
今年も、我が家のサンクスギビングディナーが
無事に終わりました。

c0289791_01345359.jpg

今年は、マダム溝口から頂いたレシピで
栗おこわのスタッフィングターキーや
ワンタンスープで、中華風サンクスギビングディナーでした。
c0289791_01345382.jpg

ターキー解体前のおかわりスポット
c0289791_01345384.jpg

c0289791_01345310.jpg

c0289791_01345481.jpg


毎年、参加者全員感謝する事を
シェアして頂きますが
大人は「健康」が多く、
子供は「食べ物、家族、友達」
年を重ねるごとに、リアリティーを感じます。

介さんの松葉杖の影響多しで
私はやっぱり、家族が健康である事が
本当に感謝な事なのだと痛感しました。

寮の長女は、微妙に留学生でもない為
残りの民の中にも入らず
一人ぼっちで、あの大きな寮で
冷凍ターキーポットパイと自分で作ったパンを
食べたそうです。

可哀想でちょっと哀しくなりましたが
おかげで、FaceTimeをしたり
いつも以上に、頻繁に連絡を取り合っていますが
これも、一人になるという
とても良い経験だなぁとも思いました。

FaceTimeの中継で、彼女の大好きな感謝祭ディナーを囲み
共に感謝し、祈り、お祝いしました。

遠くにいても、互いを思う思いと、
インターネットは、つながっている
これもまた、感謝な事ですね(๑>◡<๑)

今年は、介さんの足の為
LAのお呼ばれには、参加できませんでしたが
来年、再来年と次女子と過ごすのも
残り少なくなるかと思うと
(帰って来ればべつですが)
我が家のトラディショナルを続けていくのも
悪くないなと思いました。

[PR]
# by viola2013 | 2018-11-24 01:04 | きょうのごはん | Trackback | Comments(0)

rain

c0289791_15480229.jpg

今年の北カリフォルニアの紅葉は
とても🍁見事です。
ここ数日、半年ぶりくらいの雨が降っています☔️。
これで山火事の鎮火や、
エアクオリティが良くなると
ホッとしますが
既に家や家族を失った方がたに
慰めと支えがありますように。

雨と一緒に、哀しみも傷みも
流されるならどんなによいか、、、と思うけれど
ほかの何ものにも替えがたい、
大切な人たちへの想いを
今はただ、沢山思い出して
沢山知って、感謝して、沢山のありがとうを
何度も想いを伝えれる時でありますように。

家の前の街路樹が雨に濡れて、
さらに色鮮やかな、秋の終わりです。
c0289791_15480237.jpg


[PR]
# by viola2013 | 2018-11-22 15:26 | Trackback | Comments(0)

Baby Boy

c0289791_11500687.jpg

産まれたてのベビーに会いに行きました。

支えてくれる親のいない海外で、
出産し、子育てしていくことは、
想像以上に不安で孤独です。

でも、その分家族の絆が深まり、
同じような体験をしてきた互いが、
助け合い祈り会う。

まだ小さなお姉ちゃんも、
一生懸命ママを支えようとしていて可愛かった。

c0289791_11500762.jpg


神さまの約束の事をお話しすると
涙をいっぱいにためて聞いて下さり
ポロポロと溢れる涙をこぼしては
うなずくママ。

お二人とお嬢ちゃんを見ていたら
私も、カナダ、アメリカでの出産を思い出しました。

どれだけ沢山の方々に祈られ、
支えられてきたか、、、
そんな事を改めて気づかされる
幸いな時でした。
[PR]
# by viola2013 | 2018-11-21 11:39 | こども | Trackback | Comments(0)

chicken soup

c0289791_14442352.jpg


三女のリクエストのチキンスープ。
身体を温め炎症を鎮めると
アメリカでは、
お粥的な感じで風邪の時に作りますが、
介さんの筋肉の痛みにも、効いたらしいですよ。

介さん回復のお礼を書いたブログが
途中で消えてしまいました。

また、日を改めて書きますが
皆さんのお祈り、本当に有難うございました。

[PR]
# by viola2013 | 2018-11-20 13:39 | きょうのごはん | Trackback | Comments(0)

Propose

c0289791_13233195.jpg

木曜日の午後、突然思いもよらない
テキストがステパノ君からきました。

内容は、感謝の言葉で始まり
今晩、プロポーズをするので
お祈りしてて!
というものでした。
お相手は、ご存知のラケルさま。
初めてあった時から、
この方は、ステパノ君と結婚して
いずれ、同労者となるのだろうなぁと
ピンときました。

これ、、、Cちゃんと初めてあった時も
感じてしまったものなのですけど。(๑>◡<๑)

大興奮で介さんとお祈りしようと探すと
介さんは、電話中。
しかも、延々と一時間以上
ひたすら聞いているだけの様子。

仕方がないから、娘たちとお祈りしました。

それからと言うもの、
内定の電話を待つ就活の人のように
そわそわ、そわそわ
何度もInstagramをのぞいたかわかりません。
結果は、そこに載せるはずだったので、、、
待てど暮らせど、上がってこない
介さんなんて、
やばいな、、、これは、、、
待たせすぎたよ、、、とか言い出す。
兄、、ステパノ君は介さんのことを
いつもジョークでそう言うけど
(やたらと似ているところが多いby娘たちの証言)
私には、息子のように頼もしい存在。
そんなこと言っちゃダメでしょう〜。

やっとダイアモンドの指輪をはめた
幸せそうな写真があがりました。

ほっと胸をなでおろす。😭

若者の結婚についての相談や
お話をさせて頂く機会があると
必ずお話ししていたのが、このステパノ君の
忠実で真実な神様の前に出る姿。

フィアンセとなった彼女と
お付き合いを始める時も、
そこにたどり着くまでも、
もっと前の、高校生の時から
彼の考えをシェアしてもらった時から
こんな純粋に御心に従おうとする青年に
出逢えたことに感動しました。

そして
彼と愉快な仲間たちの元で
ユースの学びができる娘たちは
なんて幸せなんだろうと思いました。

きっとこれまでがそうだったように
このカップルのこれからの歩みは
きっとユースたちにとって
素晴らしいrole modelとなる事でしょう。

おめでとう🎊
ラケルさまなら、これからも安心です!
なぜでしょう、、、、
みんながやっぱりそう言っちゃうのね。

お二人の幸せは、教会の歓び祝福です。
どうぞこれからもよろしくお願いします。
大好きなステパノ君とラケルさまへ
心からの祈りを込めて💐

[PR]
# by viola2013 | 2018-11-20 12:44 | Trackback | Comments(0)

北アメリカ暮らしも19年。今日も、小さな幸せをみつけられますように☆


by ma*
プロフィールを見る
更新通知を受け取る