Bible Cover

c0289791_03210032.jpg

‪聖書カバーの糸が切れて、
長い間バラバラだったので、縫い直しました。

14年前に、アメリカに旅立つ時
母教会の婦人から頂いたものです。
神学生の時に私が頂いたものがあったので
それとお揃いにしようと
介さんは、イーグルの大きめのカバー。

結構、老眼にはこたえる作業だったのですが
今朝、どうやら携帯電話と一緒に、
忘れられているようです。

‪#聖書カバー #聖書 #悲しみ言葉‬

悲しみ言葉って、上手に伝えないと
小さな喧嘩の発火材になる事多いよね
と話したばかりですので
ハッシュタグで、さりげなく呟いときました。

メールと電話が多いうえに、
鎮まらなければいけない金曜日。
どうか、良き備えができますようにと祈りつつ。

発火した火種は、ひとまず鎮火した模様です。

[PR]
# by viola2013 | 2018-08-11 03:09 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

Minamoto kichouan

c0289791_01480983.jpg

c0289791_01480940.jpg


源吉兆庵は、全米各地にありますが、
あまりの高級品ですので、
大好きな柚子のとこよ以外、
購入した事がありませぬ。

こちらは日本からのお土産で頂きましたが、
なんともいえない和風と洋風が
合わさったような懐かしいお味。
吉兆庵は、現代風和菓子のイメージがあったので
その以外さに感動しました。

老舗のお菓子って、
洋風なものを日本で試行錯誤して作られたからか、
こういうnostalgicなものが多く
包装紙から、箱に至るまで愛でてしまいます。

なんだか夏の間は、
まだまだ、日記にしていない写真があり
お土産インスタになっておりますが、
本当にそれだけ、皆さんが楽しい時を過ごされ
無事におかえりになった事
お心にかけて頂いている事
毎度嬉しく、感謝に絶えません。

全部を載せているわけではないので
(時間が経ってから載せる事が多いです)
もしや助長する事になったらいけないと
気になってはいるのですが、
日々の暮らし日記なので、ご了承下さり
どうぞ、多目にみてスルーされて下さい。
[PR]
# by viola2013 | 2018-08-09 01:18 | カウントブレッシング | Trackback | Comments(0)

Sapporo ichiban

c0289791_01180625.jpg

c0289791_01180763.jpg


介さんは、夜になるとキッチンで
何かを作り出します。
すると、どこからともなく集まって
みんなでそれを食します。

この日は、わざわざターゲットで
サッポロ一番塩ラーメンを買い
我が家にはあってはならないはずの
インスタントラーメン(アレルギーもち)を
結局、全員で食す。

インスタントラーメンは、最初の茹で汁を捨てれば
かなり悪いものは、取り除かれると
以前に、研究結果を教えて頂いたので
アレルギー反応は無くなりましたが
夜食にサッポロ一番!
どうなのさ、、、。

夕食後、ミドルスクールガールの
ファーストデイオブスクールの服を探しに
モールを歩かされたから
すっかりお腹が空いてしまったのですね。
でも、夜食も手を抜かない介さん。
最近見直しています。
c0289791_01180706.jpg

なぜかセロリが入った、冷やし中華とか。^ - ^

[PR]
# by viola2013 | 2018-08-09 01:09 | きょうのごはん | Trackback | Comments(0)

Betsy journal

c0289791_10431965.jpg

携帯ケースとジャーナルを作りました。
どちらもクリアな中に、紙ナプキンを
挟んだだけというものですが
かなりお気に入りです。

夏の思い出を振り返って投稿するはずが
相変わらずの忙しさに戻ってしまったようです。

学校が始まれば、🏫
きっと、元の生活に戻るのではと思いつつ
今は、新学期の様々な行事のプランや
日本からのゲストの予定や
夏の間、気になっていた方々の事など
頭だけは、フル回転しています。

そんな訳で、まだ疲れ易くなっている体調が
先月の急性腎盂炎からのものなのか
単に夏のダラダラから来ているのかわかりません。
早く血液検査の再検査に行かなくちゃですね。
帰りに行列のできるドーナツ屋さんに行こうとか、
目的がないと億劫ですね。

そういえば、小猿ちゃんも長女がいなくなり
次女子もリーダシップキャンプでいなかったので
元気がなく、ちょっと今朝の体調も良くなさそう。

姉達と一緒に夜更かしの癖がついてしまった夏。
しっかり、新学期に向けて整えないといけないですね。

WTP ステッカーも挟んだら、
携帯ケースが「最強!」になりました。
今度「修養会恵まれさま会」があるそうです。
自発的に、恵みをシェアしたい分かち合いたいなんて
素晴らしいなぁ〜と、焚き火の薪が
新たにくべられる思いですね。

一気に熱く燃えるのではなく、炭火のようにじっくりと
長く暖かな火を、燃やし続けていきたいですね。
[PR]
# by viola2013 | 2018-08-07 10:24 | ジャーナル | Trackback | Comments(0)

Another pancakes

c0289791_02093996.jpg
長女が、旅立つ前日の夜
家族会議(もはや、家庭礼拝ではない)
でお互いのラブランゲージの事を話し合いました。
その日の早朝、チェックインする為に
奇跡的に早起きした長女は、
こっそり、ブルーベリーパンケーキを作って
私達を驚かせてくれました。
まさに、彼女はこのようにする事が
私達への愛情表現なのだなぁ〜と、あらためて気づきました。

先日、フォローしているHaff Post Japanにこんな記事が載っていました。
日本語では、一部しか書かれていませんが
「愛の言語」は、夫婦だけではなく、親子、友人関係でも
とても大切なキーワードだと、
おそらくこのブログでも、7年前くらいから何度も書き綴っていて
昨年のECの結婚セミナーや
バイブルティータイムなどのバイスタでも、紹介させて頂きました。

でも、これまで
自分の家庭の中で取り組んでいくのは
そう簡単ではなかったように思います。
その為に、この数年は色々と思考錯誤し
毎年、修養会で私たちのメンターである
関先生ご夫妻にお会いする度に
教えられ示される多くの事があり、その度に夫婦で祈り合いました。
また、クライマックスにこの夏、
大嶋先生ご夫妻をお迎えできた事は
本当にスペシャルな恵みを頂きました。

4人でお話をする中で、もっともっと深い事に気づかされたり
ご夫妻を後ろから見ているだけで、ため息が出るほど恵まれたり。笑
また、この事をもっと深めていきたいと思わされた事でした。

そのようなわけで、この一年間は、つとめて意識してきたので、
私たち夫婦の間では、だいぶ変化がありました。

5年前にはできなかった事を、些細な事も、
「これができた」と感謝するために
いちいちFaceboookに載せてしまっています。
それがいいかどうかは別として
見せることが目的ではなく、むしろ自分たちの記念の柱として。

「5つの愛の言語」については、きっと、本を読まれるのが一番簡単ですが、
ハフポストの 英語版のこちら には、とても具体的に書かれています。
相手の為にできる事は、子供に対しても同じなので
できるだけ心がけてはいるのですが
我が家の場合、子供達もお互いに「人前ではできない」「逆に人前ではそっけない」
という、何かブレーキみたいなものがあった気がします。

PKというだけで、他の海外に在住する家庭には理解できない
多くの悩みとプレッシャーがあることは
子供達が大きくなった事や、以前とまったく違う環境に引っ越した事で
大きな事だったと、このディスカッションで知りました。

そのようなわけで、昨日のブログに書いたような
お互いの本音を伝える。
決めつけないで、最後まで聞く。
同じ視点になって、気持ちを受けとめる。
という事を、最後の最後に挑戦してみたわけです。



結果
神さまは、本当にどうなる事かと思う家族会議を
良きものへと変えてくれました。

そしてこれからも、定期的に夫婦、親子のこのような時間を
増やしていきたいと思いました。

ほとんど、眠れないまま早朝便で長女を見送り
ほんの30分間、ベットに横になっていると
なんと今度は、お二人が今日もパンケーキを作って驚かせてくれました。
とっても驚き、可笑しくて、本当に嬉しかったです。
この際
フォークのセッティングが違うよ。
お皿はボウルと合わせて白にしたら。

などと言う言葉や、私の押し付けは、決して発してはいけないのです。
一生懸命に、姉の不在を埋め、
私たちも親への愛を伝えたいと思って下さってるのですから。😊
c0289791_02094064.jpg
もしかしたら、家族だからこそ
お互いにexpectation が高くなってしまう。
そんな事が、我が家の問題だった気がします。

相手を思うからこそ、笑顔であって欲しいから
幸せになって欲しい。
きっと、そんな根底にある愛が届かずに
「期待に応えて欲しい、こうあって欲しい」という
別のメッセージが送られてしまっているのかもしれません。

夏休み中、何度言ってもお部屋を掃除しなかった小猿ちゃんは
この後、奇跡のお部屋掃除をしていました!

ラブタンクが満たされると、
私たちそれぞれは、自分のなすべき事を喜んで
できるように変えられるのですね。
そのように、私たちを造られた神さまって凄いな〜と思います。

ラブタンクは、相手からだけではいつでもからになる。

毎日、神さまからの豊かな溢れる愛を頂いて
毎日、満タンで笑顔でスタートしたいですね。

After discussing "Love languages " and prayer with family.
Another surprise happend !
Woke up 4:00 and drop off Noa early in the morning.
We really wanted to sleep 30 mints for today's meeting.
but girls wake us up and show their love?!
Even Noel made colorful scramble eggs and clean her room.
What a powerful things happen when you filled full tank of your heart with love
not only from loved one but also from God.
I guess our new school year is beginning now.



[PR]
# by viola2013 | 2018-08-05 02:03 | Spiritual Discipline | Trackback | Comments(0)

Family discussion

c0289791_13014101.jpg

長女は、無事シカゴに旅立ちました。
一年前は新入生だった彼女が、
これから大学の新入生キャンプの
リーダー研修の為にウィスコンシン州へ。

あっと言う間の一年でしたが
こんなに祝福された一年が待っていようとは
昨年の夏、旅立つ時には、思いもしませんでした。

昨晩、家族で家庭礼拝を持ちましたこんなに長く夏を過ごしたのに
お互いの気持ちを、伝える機会がなかったことに気づきました。

伝えようとすると、そこは家族であるがゆえに
ストレート過ぎて、不機嫌になったり
誤解が生じたり、一時は喧嘩にまでなりそうで
このままどうなる事かと思いました。

でも、神さまはそんなそれぞれのフラストレーションも
一つ一つ紐解くように、ほぐしてくれました。

互いの気持ちを伝えようとした時
問題がおきた原因は
相手の気持ちを最後まで黙って聞けない事。

半分も言わないうちに
「あぁ〜そんなふうに思っていたんだ」と
勝手にショックを受けたり、イライラしたり
そこで、相手を理解する前に
自分の気持ちも理解して欲しいと
身勝手ない思いになると、さあ大変。

「今ね、表面的な結果をジャッジしたい訳ではないの
もっと深い所にある、お互いの気持ちを
相手の気持ちになって、聴き伝えよう」と言うと
伝わらないイライラから、届く為の言葉を選んだり
感情で言葉を伝えないように
自分の気持ちに素直になったり。

一番の突破口は、やはりラブランゲージを
お互いに確認する事でした。

これについては、タイムリーに記事が載っていたので
また後日、載せるとして
ラブランゲージを一緒に考えると
見事に違ったランゲージを、勝手に押し付けていることに気づきました。

そして、静かに相手のエンゲージをーに耳を傾けると
「そうだったんだ、、、、ごめん、勘違いしてた。」
「そう思って、一生懸命だったんだ。知らなかった。」
とお互いなるのでした。

今回良かったことは、自分のラブランゲージが
いつの間にか、変わっていたことに気づいたことです。
それもお互いに、、、、。

きっと、こうに決まってる。
あなたは、こうでしょ。

共に生活してきた、身近な存在だからこそ
盲目になっている事をしみじみ思いました。

最後に小猿ちゃんのお祈り
「今日は、みんなの思いをお互いに知れて良かったです。」
本当にそんな久しぶりのドタバタ劇でした。

お陰で12時を回っても、妙に仲良く
昔の写真なんて引っ張り出して、笑いあって
「この痩せた人がマミーと言うのは、信じられないんですけど」とかイジられて
結局、ほとんど寝る時間もなく
早朝便で、旅立って行きました。

新しい一年も、沢山の恵みと祝福が
彼女とお友達の上に注がれますようにと祈りつつ。🌿


[PR]
# by viola2013 | 2018-08-04 12:33 | Spiritual Discipline | Trackback | Comments(0)

Breathing

c0289791_06340843.jpg

厚切りトーストの餡子のせ。
ちょっと調子に乗って
ウィッピングクリームまで、
後で痛い目にあいます。

小猿ちゃんの中学校、次女子の高校から
それぞれレターが届き
新学期も近くなり、気持ちがバタバタしています。

次女子は、土曜から
リーダーシップキャンプに出かけてしまい
長女もシカゴへ。
やっと小猿ちゃんの入学準備と思っても
もうすでに遅し、、、、。
中学校に入る、心と勉強の準備は全くできず
8月に入ってしまいました。

この所、色々な罪悪感に苛まれ
あぁ〜、自分の時間がないのに
先の計画をしていかなければいけない
という現実に、また追いかけられています。

介さんからは、テキストで
「修養する生活」を読み進めたらいい!
とアドバイスが来るのだけど
それができないから、こうなっているわけなのです。

年に一度、そして毎月、
週に一度、毎日、、、、。と
自分で息継ぎをする計画を
たてないと行けないですね。

決まっていると、多分楽です。

まるでプールで泳ぐのに、あと少しでターンするとか
このひとかきをしたら、息を吸う!と
リズムに乗るように。

バケットリストの更新もいいですよね。

夏って、ダラダラ、でもバタバタ過ぎてしまうから
私には、早急にそのことをプランする時間が
大切な気がしてきました。

プラン、計画以前の
プランするための時間!

福岡の恩師は、朝起きた時に
ご自分の書斎の机を、ぎゅっと絞った雑巾で拭き
そこでまず祈り、今日1日の予定を確認し
聖書を読み、外に散歩に行きながら祈る。

確か、同じようなルーティンを
カニポン先生が、今年の初めにいらした時教えて下さった。
それができないから、大変なわけなのだけど
それができている方達は、やはり違う。

でも、それをただルーティンや計画に縛られるのではなく
それを全部委ねて手放した上で、
「いま、何をどのようにしたらいいのでしょう?」
と生活の中で神さまに聴いていく。
そこに辿り着きたいのですが
、、、、、そう
その前に溜まった洗濯物をたたむことや
今夜の夕食の準備に、お部屋の掃除
返信しなければならないメールの山を
崩さねば。

カニポン先生は、
それを朝、細かく全部書くんだよ。
そして、小さな事を一つでも終わったら
それだけで、次に進む力になる。
っと教えて下さった。

そうなのよ。そうなのよ。
この、Sloth(なまけもの)のように
ゆっくり動いて、ボーッとしている今は
小さな事を書き留めて消していくのが一番かな。

やっぱり、やらなければいけない事を横に置いて
今から紅茶を淹れて、本を読もう。
ほんの30分。
(携帯は、遠くに置いたまま)

その息継ぎが、きっと必要なのですよね。
みなさんも、、、、
ちょっとひと息、できますように。

[PR]
# by viola2013 | 2018-08-03 06:06 | Spiritual Discipline | Trackback | Comments(0)

Bouquet of prayers

c0289791_05565062.jpg

何から手をつけていいかわからない。
何となく、休暇明けってそんな感じではないですか?
家事やお仕事は沢山あって
むしろ、エンジンかけなきゃいけない時に限って
エンジンかからないのですよね。

今は、祈りの課題がいっぱいあって
その方々の為に祈ることだけで
その他の事が、全く進める気になりません。

多分、長女がシカゴに戻れば
きっと、元の生活に戻るのだと思いますが
夏休みって、本当に自分の思うように
1日が進まないですね。

だいぶ前に、ある方からお勧めを頂いて
祈りの中に、チャレンジする時を待っていると
日記に書いた事がありましたが
もしかして、別のことかと思われてる方がいるかもしれないので
ちょっぴりクリアにいたします。

ズバリ、個人的にセミナリーなどで
霊的形成についての学びのコースを受講する
というものです。
そして、結論としては
金銭的にも、状況的にもまだまだチャレンジするのは
先のお話です。

英語で課題図書を読むことからして
ほぼ不可能に近い感じ、、、、。汗

ただ、これは学びの内容こそ違うにせよ
20年前からの夢でもあったので
例えば、小猿ちゃんが卒業する7年後に向けて
一歩づつでも、その可能性を探っていきたいとは
常々思ってはいるのです。

それを後押しして頂くような
お勧めや導きをある方から(バレバレ)お声をかけて頂いて
もしそれが、10年後になっても
その時のために祈っていきたいな〜と思うのです。

私は多分、皆さんが思うほど
バイタリティとかなくって
むしろ、実のところ奥手です。笑

ただ、波がきた時には
本能的に乗ってしまおうかというものがあります。
それは、私から出たものではなく
聖霊の導きだと解釈して、これまできたので
現状を言うならば、全然波がありません。^_^

ただ、そんな事を思いもしなかった時だっただけに
その方からのお勧めやアドバイスは、とても嬉しくて
長女からのエールも、励まされたわけです。
これが私の中の、祈りの課題の一つです。

ということで、誤解のないように〜^_^

また、長女の新しい一年が心と身体と学びの全てが守られ
経済的な必要も、教授やアルバイトや友人関係も、
全てに助けが与えられますように。


この夏、とても良い本を2冊ゲットしました。
c0289791_05565141.jpg


1冊目は、すぐに読んでしまいましたが
2冊目は、実はゆっくり読みたくて
まだ、時間がなくって読み終わっていません。
c0289791_05565183.jpg

そのすきに、(もっとも介さんがリクエストして、届けて頂いたものなのですが)
介さんは何度も読み、凄くいい!最高にいい!
と絶賛しております。

丁度、タイムリーにも
佐知さんが、書評を書いておられる記事が
佐知さんのブログに紹介されていましたので、
リンクさせて頂きますね。

他にも読みたい本が続々出ているけど
読みかけのほんもあり、、、、
賛美フラも、賛美したい曲が沢山。
あぁ、、、そうやって、何一つ進まないのです。

写真のブーケは、バークレーのお花屋さんのもの。
このアレンジ、可愛いから真似しよう〜と思って
写真を撮ったのですが、
お部屋を片付けでもしなければ、
夏の間のお花って日持ちが難しいので
なかなか、飾る気になりませんよね。

今はただ、祈りの花束を💐
あの方たちの為に、心を込めて祈ります。
どうか速やかに、手術の全てが守られ
完全に癒されて、回復されますように。
そして、あの方とあの方の上にも
神さまの御手が伸ばされ、護りと支えがありますように。

お薦め&読みたい本はこちら
えっと、、、、とってもじゆうにランダムですが
「このブログを読んで」と言って下さると、もれなく店主の笑顔とお薦め図書のアドバイスがいただけるはずです。❤️



[PR]
# by viola2013 | 2018-08-01 05:14 | Spiritual Discipline | Trackback | Comments(0)

Matcha cookies

c0289791_02482647.jpg

夏の間、クッキーやパンを焼いてくれた長女ですが
以外にも、美味しいのです。
このクッキーもサクサクでした。

今週には、シカゴに戻りますが
相変わらず、仲良く朝寝坊です。
c0289791_02482609.jpg

1ヶ月の出来事が濃くって、
どこから日記を書いたら良いのか、、、。
少しづつですが、気長に覗きにきてみてください。

休暇明けの礼拝というのは、
なんともそわそわするものです。
それでも、語られる御言葉の深さに
心の目が開かれていくようでした。

その後、共にミニストリーを支えてくれる
若者と共に、腹を割って(というのでしょうか)
色々なことをお話しして祈りました。

話しているうちに、
礼拝のメッセージを振り返りながら
あぁ〜神様がここにいらっしゃる。
それを感じる
とても恵み深い、祈りの時でした。

[PR]
# by viola2013 | 2018-07-31 02:39 | カウントブレッシング | Trackback | Comments(0)

One month

c0289791_15192275.jpg

気がついたら、1ヶ月も
ブログを更新していなかったようです。

夢のような1ヶ月だった気がします。
色々、ありすぎた1ヶ月だったのですが
高熱と悪寒にうなされた一週間のお陰で
皆さんに大変ご心配をおかけしてしまいました。

確かに、動けないほど弱っていたのですが
修養会やゲストやセミナーの準備で
疲れ切ってしまわれたと思われるのは
とても心苦しいのです。

なぜなら、どれも楽しくて
幸せで、恵まれて、充実した毎日だったからです。

高熱と悪寒は、UTIが悪化して炎症を起こし
それが酷くなって、抗生物質が効かなかった。
それが始まったのが、修養会の前日からと言うタイミング?
の悪さが重なってしまったと言うわけです。
気分的にはとても元気だったので
数人にお願いしたお祈り頂いたお陰で
病院に行けなかった一週間、本当に守られました。
検査をした結果に合わせ、もう一度頂いた薬を飲んだら
あっという間に、熱も症状もよくなりました。

修養会で嬉しかったのは
日本から、このブログを見ていて下さる
という方にお会いできたことです。
もっと、色々なことをお話ししたかったです。

そして、色んな葛藤がありましたが
皆さんと賛美フラを踊れたことです。
未だに、よくも踊れたなぁ〜と
あの数日間のことを思うと、驚きます。

ただ、神さまだけを見上げて賛美するとは
どう言うことか
こんな欠けだらけの者を
賛美するものと変えて下さる神さまの御業を
身をもって体験できた
感謝な祝福の時でした。

また、少しづつですが
ブログを再開していきますね。
今日も、読んでくれてありがとうございました。

[PR]
# by viola2013 | 2018-07-27 14:37 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

北アメリカ暮らしも18年。今日も、小さな幸せをみつけられますように☆


by ma*
プロフィールを見る