God is good, all the time

c0289791_03401432.jpg
昨日、長女の入寮日までをカウントしたばかりですが
急に早まって、出発まで19日となりました。

大学主催の新入生対象のサマーキャンプがあり
そこに出席すると、単位も取れ
入寮前の友達作り、霊的なサポート、るキャンプ。

以前、奨学金を申し込み半額の補助が与えられたのですが
本人は、多分、、、
その残りを出すことを躊躇して
「他に必要としている人に差し上げて下さい」と
参加を辞退してしまいました。

親としては、
「行ったらいいのに〜」と何度も言うのですが
自分が決めた事に、口出されるのがイヤな様子。
神さまが、彼女にとっての最善をなして下さる様に
お祈りするしかありませんでした。

それからの3ヶ月。
神さまは、本当にPraise the Lord!
としか言えないような事をなして下さいました。

その事に押し出されるように、先日もう一度
「passage (キャンプ)に行ったら?」と尋ねてみました。
とはいえ・・・
辞退したのに、締め切りギリギリで
「まだ奨学金は頂けますか?」と言うのはむしが良すぎるけど
頂けなかったら、諦めようね、、、と
だめもとで、申し込んでみました。

すると、以前の奨学金だけでなく
更に色々な補助をつけて下さって
結局、一番良い形で参加できる事になりました。

しかも、、、、
飛行機はセール中
シカゴ行き片道$99という破格の安さで!

こう言う金の斧、銀の斧に優る
神さまの取り計らいに、ただただ驚くばかり。

神さまって、ほ〜んとうになんでもご存知。
必要だけでなく、私たちの心の動き
タイミング、全てがパーフェクトです。

追いつかないのは、私たちの方。
がっかりする時も、喜び驚く時も
God is good, all the time! なのですね。




[PR]
# by viola2013 | 2017-07-22 06:43 | カウントブレッシング | Trackback | Comments(0)

On to college*

c0289791_06501945.jpg

長女の入寮まで、あと28日です。

街もBack to school のセールが始まり
こんなチラシが来て、
持ち物リストや、寮生活の写真などが載っています。

車で行ける距離ではないので、
これから、ネットオーダーして
ストアピックアップにするのでしょうか?

昨日は、いよいよルームメイトの発表があったらしく
早速、メッセージでお互いのことを話したり
お部屋のベットの配置とかを相談していました。
入学する前から、フェイスブックで
誰がクラスメイトになるか分かると言う
なんともすごい時代ですね。

気になるルームメイトですが
とっても優しい良い子そうなリアちゃん
と言うお嬢さんです。
写真を見ると
大草原の小さな家のローラのような子。
(髪の毛は、金髪ではないけど)
自分では自慢しませんが
スピーチコンテストでナショナルに行き
プロムクイーンでもあったそう。
(最近のクイーンは、美人より優しい子がなるらしいです)
きっと優秀かつ、みんなから愛されるお嬢さんなのでしょうと
我が家では、勝手に想像を膨らましています。

皆さんがヴァケーションに出発される中
我が家は、ひたすら下のお二人の機嫌を取るため
ミツワの紀伊国屋に出かけました。

この時期、このエリアには日本人の親子がいません。
お店に入るなり
「外国人しかいないね〜、みんな日本に帰っちゃったんだね」
と話していると、
本屋さんにいらしたY兄が、手を振っておられます。
なんだか、とっても嬉しかったです。

ということで、ずっと大切にしていた
紀伊国屋のギフトカードを握りしめた3人は
日本製の文房具の説明書きを
「何って書いてあるの?」「えっ違うよ」と
必死に平仮名とカタカナを読みながら
1時間は店内で悩み、めでたくお買い求めなさいました。笑

長女は、ルームメイトのリアちゃんへ
同じフリフリシャーペンを、お土産に買っていました。
そんな感じで、
長女の出発準備をはじめています。

[PR]
# by viola2013 | 2017-07-21 06:16 | Trackback | Comments(0)

July 6th 2017 Night Rev. Shinji Seki

c0289791_03423044.jpg
祝福の基となる 〜 拡がる祝福 〜
創世記12:3b

地上のすべての民族は、あなたによって祝福される


先生は最初に、1ヨハネ4:10、11を読まれました。

私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し
私たちの罪のために、なだめの供え物として御子を遣わされました。
ここに愛があるのです。

私たちは、愛されるために存在し、愛するために生かされている。
この言葉を、今ここに書きながら
なぜか、シューベルツの「風」の歌詞が浮かんできました。

とってもシュールで、切ない歌詞ですが
「人」は、誰でも愛を求める旅をして
ふるさとや、プラタナスの散る音に振り返るのだけど
そこには、ただ風が吹いているだけ・・・・

それは、私たちが愛されるために存在し
愛するために生かされていることに、気づけないからなのかもしれない。

先生は、私たちの心には「不全感ーすべてがあるのになにかたりない」があり
「愛されていない、祝されていない」と足りなさばかりを追求すると仰いました。

でも、冒頭の聖書の箇所には、「ここに愛がある」と宣言されていて
続く12節には、こう書いてあります。

いまだかつて、だれも神を見た者はありません。
もし私たちが互いに愛し合うなら、神は私たちのうちにおられ
神の愛が私たちのうちに全うされるのです。

確かに枯葉の散る音がしたのだけど、
で振り返ると風が吹いているだけ・・・
「ここに愛がある」と言われても、
私たちにはそれがわからない。

でもそれは、私たちが「愛さないから」「祝福しないから」であって
神のラブタンクは、使えば使うほど増えていくのに
恵みのメタボリックシンドローム(食べるけど消費しない)になって
自己愛に変容し、人を傷つけてしまう。

箴言4:23 
力の限り見張って、あなたの心を守れ
命の泉はここから湧く

先生は、沖縄の海のそばの、海水に覆われた池の中の泉のお話をされました。
この世の海水に覆われていても、その泉から湧く真水と海水は決して混ざらない。

泉そのものであるイエス様に、どっぷりつかり
私たちの心を守りましょう。
あなたのうちから、聖霊が溢れていることを気づいてください!と勧められました。

神さまの言葉は、生きていて力がある。
創世記12:2は、直訳すると
「祝福の源になれ!」=なりました。そう生きていきます。

黙想の手引きから抜粋

* 「愛されるために存在し、愛するために生かされている」ことをじっくり考えてみよう。


* 祝福の循環ポンプとして、健康的に機能しているでしょうか?


追伸
この夜から、なんとも不思議な、でもとっても自然な変化がありました。
それはまるで、心の泉の源の上に、長年詰まっていた蓋が溶けるようでした。
言葉では説明つかない出来事ですが
自分の内側から愛と喜びが溢れてきて、止まらないという感じのものです。
無理に説明しようとすると、別のものになってしまう
そんな気にさえなります。

別に特別な体験とか、その日を境に!とかいうものではなくって
ふと気がつくと、あれ?
何でしょう、この不思議で自然な喜びが溢れる感じ・・・

何かを示され悔い改めることを通して、
神さまからの赦しと慰めを経験する
ということは、今までに何度かありました。

でも今回の経験を通して、
十字架の赦しは、真の喜びの結果をもたらすことを
この溢れて止まらない愛と喜びを通して、教えられました。

これは、その朝の佐知さんのセミナーで語られた

私たちのうちにある、神のみ前には死んでいる部分を
聖霊がキリストの命へと生き返らせてくださる。
(ロバート・マルホーランドJr)

という言葉通り
自分自身の力でも、頑張りでもなく
神さまの力によって、Metamorphose するさまを知るような経験でした。


幸いなことに、この時のことを

愛する介さんと
私に霊的形成を教え続けてくれる佐知さんと
それを聖霊によって導いて下さった関先生に
後日、シェアするチャンスが与えられたことも
不思議な慰めです。

泉は、その時ばかりでなく
それからも、コンコンと湧き出ています。
現実には、泉がカラカラになることもあると思います。
でも、
見よ、わたしは新しいことをする。
今、それが起ころうとしている。
イザヤ43:19−21

と言われるお方に、
毎日、どれだけ愛されているか、祝福されているかを学ぶ
エクササイズをし続け、
この溢れる泉の愛と喜びを、循環させていきたいと思いました。

おしまい

[PR]
# by viola2013 | 2017-07-20 18:29 | メッセージ、本を振り返って | Trackback | Comments(0)

July 5th 2017 Night Rev. Shinji Seki

c0289791_03004485.jpg
祝福の基となる 〜あなたの名は祝福となる〜
創世記12:2b

祝福の存在である私たちは、出会う人々にとっても祝福となる。
しかし、実際生活の中では、逆に「躓き、呪い」となることもある。
どうしたら、祝福の存在として生きることができるのか?

ヨセフの生涯を通して、その秘訣の「赦し」について語られました。

あなたがたは、私に悪を図りましたが、
神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。
それはきょうのようにして、多くの人々をいかしておくためでした。
ですから、もう恐れることはありません。
私は、あなたがたや、あなたがたの子供達を養いましょう。」
こうして彼は彼らを慰め、優しく語りかけた。
創世記50:20、21

黙想の手引きからの抜粋

* 自分の側の問題が、躓きを与えてしまったと自覚できる事例がありますか?


* 人生の不良債権を抱えていませんか?もっと怒っていたい?もっと要求していたい?
 その不良債権(憎んでも、怒っても、かえしてもらえないもの)を神に預けることができますか?


あなたがたを迫害するものを呪ってはいけません。祝福しなさい。
ローマ12:4

私たちには、これだけされたのだから怒って当然と言う権利がある。
でも、それはもう返してもらうことのできない不良債権。
この聖書の言葉を、そのまま受け入れることができずに
かえって苦しみ葛藤する。

何度も葛藤を繰り返していたのは、私自身の心のすさみから、
信仰ではなく、信念に根ざしていた為に
他者の考えや信仰の型を受け入れられなかったのではないかなぁ〜・・・

心のどこかで、自分は悪くないと証明したい自分が
十字架にかかってまで、私を赦し続け、
祝福したいと願って下さるイエスさまの代価に
ただ怖れを抱き、自分を駆り立ててしまうことに気付かされます。

「すべての呪いを解く方法は、祝福しかない」

先生は、悔い改めは
「よく帰ってきた」と喜びに帰ることであって
「さばきの座に出て行くこと」ではないと仰いました。

怖れを抱いて、示されて悔い改める。
でもここでは、十字架の贖いの恵みを喜ぶことが
祝福の存在として生きる秘訣なのですと教えられました。

ヨセフの生涯を思い返すと、すべての悪巧み、不運としか言いようのないことが
祝福へと変えられていくことを思い出す。

そのように淡々と語られるヨセフの人生の中で、
「ヨセフは泣いた」と幾度となく記されている所が
わたしには、とても心に響きます。

むやみやたらに、さばきの座にでて赦しを請い
「ハレルヤ!祝福がありますように」と
相手を赦し、祝福しなさいというのではなく、

み言葉に留まって、自分自身が十字架の赦しの恵みにあずかり続けることが
神さまの「祝福」「喜び」となることなのかなぁ。

「主がヨセフとともにおられたので・・・主が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た」
創世記39:2、3

いやはや、夜、朝と恵まれさまでした。

[PR]
# by viola2013 | 2017-07-19 03:05 | メッセージ、本を振り返って | Trackback | Comments(0)

July 4th 2017 Night Rev. Shinji Seki

c0289791_03014267.jpg
「祝福の基となる 〜神はあなたを祝福する〜 」
聖句 創世記 12:1〜3

「あの人は、祝福されている」と言った時に、
何を根拠に、何を基準に「祝福されている」と思うのでしょうか?

健康、お金、成功・・・・それが良ければ祝福、ないと祝福されていない。
そんな風に私たちは、考えてしまいがちだけれど
神様はここで、あなたの「何か(健康、お金、成功)を祝福する」と言われるのではなく

あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。
創世記12:2a

神の祝福とは、 「神は、あなたの存在を喜んでいる」ということ。
あなたの存在自体が、神の喜びであるから
あなたに良い計画を持ち、もっと親しくなり、もっと祝福したいと願っている。

けれども、アダムが罪を犯した為、
(実を食べたら死ぬと言われた=身体ではなく、神との関係の断絶)
私たちの方が、神を呪った(神から離れようと思った)

「キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。
なぜなら「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と書いてあるからです。
このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり
その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。」
ガラテヤ3:13、14

現代の最大の罪は、神の愛に背を向けること。
あなたは神にとって、喜びの存在だったのだ。
それなのに、この世の中のメッセージを聞き、目にしていると
あなたは、(健康、お金、成功)祝福を受けていないダメな存在
神に喜ばれる存在などではないと思うしかなかった。

神さまは、あなたを祝福したいと願っておられる。
その為に、イエス・キリストが、私たちの罪の身代わりとなって
十字架にかかって下さったのです。
祝福の基となる為には、まず自分自身がこの神の祝福を信じ
これに生きていこうと、決心しなければいけない。

c0289791_03021214.jpg
黙想の手引きから抜粋:

① あなたが、離れるべき、偽りのメッセージとは?


② あなたが、信じて踏み出すべき真理のメッセージとは?


ひとこと:
関先生のメッセージは、修養会の臨場感の中でこそ
それぞれの心に語られる・・・と思うので
ここに残すことは、野暮だと思うのですが
遠く離れた参加者の皆さんや、止むを得ず参加できなかった方とも、
あの恵みを分かち合いたいと思って書きました。
一ヶ月ほど前に黙想の手引きの原稿を頂いた時から、待ちきれずにいた黙想の時間。
こうして読み返しても(ここには載せてませんが)味わい深いですね。

[PR]
# by viola2013 | 2017-07-18 23:05 | メッセージ、本を振り返って | Trackback | Comments(0)

Lemongrass tea


c0289791_08174382.jpg
クリスマスより忙しい、夏の3週間を終え
やっと、いつもの生活が戻ってきました。

とはいえ、夏休みの真っ最中
いつものように、一人の時間の確保は非常に難しい。

どんな風に、一人の時間を過ごしますか?

どんな風に、神さまとの時間を持ちますか?

私の場合、夕食を作りながらだったり
車の運転中だったり
洗濯物をたたむ時間。
お散歩の時間
庭いじりをする時間などを、
そのような時間にすると言う方も多いですよね。

私は、ブログやジャーナルを書くことで
自分の心や気持ちを整理する人なので
まさに、今コンピューターに向かっている時間がそうだったりします。

それでも、なかなか気持ちに余裕がない時は

紅茶を淹れる

野の花を飾る

キャンドルを焚く

というように、わざわざ特別感をもたせて
その時間を聖別し?!、楽しみにして
家事やお仕事を終わらせたりするようにしています。


タイムリーに頂いた、フレッシュ レモングラス。
日曜日に、ハーブを育てている方から頂きました。
(Tさん、ありがとう〜💕)

こうゆう特別な頂き物は、
マグカップではなく、カップ&ソーサーをわざわざ使うのが
頂いた方と神さまへのリスペクトだったりします。笑

この綺麗な色
そして、爽やかなレモンの薫りが
疲れた身体、心を優しく包んで
聖書の言葉を思い巡らす時に
豊かな時間を作り出してくれます。

たとえ
その後ろに、畳みかけの洗濯物の山があったとしても・・・・

毎晩、毎朝
きちんとリセットできている方は、
このような儀式は必要ないのだと思うのですが
私のようないい加減な人には、こうでもしないと
雑事に追われて、難しい気持ちのリセット。

さて
これから、修養会の恵みの振り返りシリーズ
スタートしたいと思います。
c0289791_08050878.jpg







[PR]
# by viola2013 | 2017-07-18 08:04 | おうちカフェ | Trackback | Comments(0)

Tree girl*

c0289791_05100688.jpg
4年前の中学校でお世話になった先生たちが
長女を懐かしんで、FBメッセージをくれました。
"Tree Girl"と言うのは、長女が最後に担当した
サイエンスオリンピアドの科目に因んだ呼び名です。

そうでした、、、先生の言う通り
サイエンスオリンピアドでカリフォルニア州2位にまでなった
あなたは確かに、ユーモアに富んだ
チームに祝福をもたらすリーダー
サイエンスオリンピアドのレジェンドでした。

今回、4年ぶりにLAでお会いする方々に
進路のことを聞かれ、え〜?!と驚かれ
何人もに、God is good, all the time!をお証しすることに。


英語も喋れなかった長女は、小学校でいじめを経験し
賃貸の値上がりで最終学年で隣町へお引越し、
中学生時代は、ロボット部とサイエンス部を掛け持ち
輝かしい姿が新聞に載る黄金時代を過ごし
憧れの高校を受験し、合格した後
介さんの転任で、北へ引っ越してしまった私達。

彼女が、登校拒否をした時
クラスを変更した時
UCを一切受けないと言い張って泣かれた時
ストレスで身体中が、血だらけになって苦しむ時
毎年、あの時期になるとみているのも辛くって
正直「God is Good, all the time!」とは言えなかった。

親子で、この世の価値感と偽りのメッセージを
繰り返すように、互いにぶつけ合っていたのだと思います。

それでも、立ち返り、何度も立ち上がることができたのは
どこまでも真実な神さまの「お約束のみ言葉」
そして、背後で励まして下さった多くの方々のお祈りのおかげです。


今回の修養会の黙想で

神さまは、ヨセフと共にいたように
長女と共にいて下さったことを教えられました。
そして、苦しめてしまった自分を痛めつけるかのように
もっと私達が苦しまなけれいけないと、
夫婦でネガティヴになっていた事
私たちのような者は、祝福されるに値しないと思っていたことに
気づかされました。

真理はあなた方を自由にします。
何がこの世で一番幸せなのか?
成功することでも、問題のない人生を送ることでもなく
創世記39:2、3
主がヨセフと共におられたので、、、
これ意外ないのだなぁ〜と思いました。

主が私達と共におられたので、
伝説の人だった長女は、全く別の分野
に進学することになりました。

そして、主が共におられるので
どんな険しい道を通ったとしても
これからも、彼女は祝福の基となるでしょう。

それを確信できた、素晴らしい修養会でした。
God is good, all the time!

[PR]
# by viola2013 | 2017-07-18 06:49 | こども | Trackback | Comments(0)

Kansha creamery *

c0289791_08542274.jpg

LAに行ったら、真っ先に行きたいと思っていた、
日系クリスチャンのアイスクリーム屋さん。🍨
珈琲は、Stumptown 。
コーンは、ハンドメイドで美味しかったです。🌿
カフェのように、ミュージシャンや
ローカルアーティストを支えるアイスクリーム屋さん。
インテリアも、お店の方の笑顔も素敵でした。✨

Kansha creamery
#お仕事の合間に #ひと休み #頑張れ日系教会
[PR]
# by viola2013 | 2017-07-17 13:01 | おきにいり | Trackback | Comments(0)

Nozomi project*

c0289791_08532853.jpg

Gift from my friend in LA.
Nozomi project: beauty from brokenness.
Nozomi women are working in community
to create one of a kind pieces of jewelry
using broken pottery left in the wake of the tsunami.
As broken shards are being transformed
into beautiful treasures,
so too lives are being filled with renews dignity and beauty.

LAのお友達から頂いたサプライズプレゼント1。
のぞみプロジェクトのピアスです。
以前にご紹介したことがありますが
津波で被災した女性たちが、
瀬戸物の破片を、美しいジュエリーとして生まれ変わらせ、
被災地の女性の職場として、サポートするプロジェクトです。

修養会のメッセージを思い起こさせる
素敵なプレゼントを頂きました。
壊れたモノが、造り主の手によって新しく生まれ変わる。
これからも、キリストの光を持つ土の器へと
トランスフォームされていきたいです。
c0289791_08532969.jpg

そのお友達が手がける、ハンドメイドピアス。
ピアスの似合う素敵な女性へのお土産にと
お願いしていた物が、出来上がってきました。

c0289791_08533035.jpg

暑さが続く北カリフォルニアの夏ですが、
そんな夏もエンジョイできそうな
素敵なピアスです。
Cさん、ありがとうございます😊

[PR]
# by viola2013 | 2017-07-17 08:35 | おきにいり | Trackback | Comments(0)

Flowing grace *

c0289791_03023147.jpg

修養会、総会と続き、恵みをいっぱいに頂きました。
それぞれ受けて感じた事を、ちゃんと残しておきたいと思いつつ
なかなか書き留めていけませんでした。

夜の聖会の恵みは、次の日の朝の黙想の手引きに残してあるので
一度は、振かえって味わいましたが、
時間が経ち、さらに深く自分のものにしたいですね。

今回の素晴らしさの原点は
主題聖句とテーマが、終わってからもはっきりと
思い起こせることでした。

余談ですが、これを決めるためだけに二泊三日
相当の祈りと時間を費やして、修養会委員の先生方で決定されます。
今回の恵みに満ち溢れた修養会を通して
準備の段階で、
心一つに備えられている先生方のご労
修養会に参加される方々の為に祈られていること
そして、神さまから招かれていることの凄さを
実感しました。

今回は、洗礼を受けて初めて参加され、
生まれ変わったようにイキイキとされた方

辛い所を通ったけれど、ここにきて本当に
神さまから示されている方

目に見えて明らかに、これまでの姿から、
喜びのクリスチャンライフへと、霊的に変えられている方

そして、現状は何も変わらないのに
自分では説明がつかない神さまの御業として
心の中に泉が涌き出で、溢れて止まらなくなって困った方
(私)

など
きっと、参加された方々で集まって
お互いの思いや体験を、具体的にシェアしあったら、
それだけで、又々恵まれるのではないかと思うほどです。

それでも、山を降りると厳しい現実が待っていて
実際は、周りの雑音や目に見える現実が
そろそろ辛くなる頃です。

だから、時間は経ってしまったけれど
しおりのノートを読み返したり
黙想の手引きに、もう一度目を通したいと思いました。

再来週からサバティカルなので、
じっくりゆっくり、頂いたその恵みを咀嚼しつつ
ここに書き留めながら
日毎に新しい更なる恵みを、頂いていきたいです。

c0289791_03035843.jpg

と書いておくと、自分のペースで
書けるかな〜と思ったものですから。^ - ^

個人的には、修養会の恵みに加え
毎週の礼拝やブログの感想をメールやお会いした時に
シェアして下さる方がいて、とっても励まされます。
でもお会いできない方も、いっぱいいらっしゃるので
ここのコメントに(非公開でも)感想をシェアして下さると
それもさらに嬉しいです。

最近、facebookを乱用している割には
ブログに残していないことが判明。
facebookをなさらない方には、全然音沙汰なかったのですよね。
ごめんなさ〜い。
サバティカル期間は、こちらをもっとエンジョイしようかと
考えています。
どうぞ、宜しくお願いします。

[PR]
# by viola2013 | 2017-07-12 03:06 | カウントブレッシング | Trackback | Comments(0)

北アメリカ暮らしも18年。今日も、小さな幸せをみつけられますように☆


by ma*
プロフィールを見る