Cake + homework

c0289791_23075089.jpg

小猿ちゃんのミニマムデーに、ケーキを焼きました。

c0289791_23075189.jpg


苦手な算数テストが近いので、ケーキと
長女とのFaceTimeさせて持ち上げ作戦。

一人で紅茶を注げる年になり、
時々反抗したりもするけど、
相変わらず甘やかされてばかりの小猿ちゃんです。

学校の教育方針というのが、急に変わり
子供は、毎日6時間も勉強しているのです
家に帰ったら、ファミリータイムを楽しませて下さい。
ということで、宿題なし。

えー!!!!

それは、塾やスポーツクラブ
第二外国語の学校に行かせるのが常識な
このエリアならではなのか?
どこにも行かせていない我が家にとっては
ただ無責任な、方針変換でしかないのです。

しかも、何も言えずとも
帰宅すると宿題をやったり
自ら読書や部活動に忙しくしていた上二人と違う
小猿ちゃんの時に限って〜。

高校の授業の方針も、だいぶ変わった今年。
4年ごとに(子供それぞれに)
全く変わった方針にされても、戸惑うばかり。

とりあえず、明日からの
週一ロボットクラブには入れたようなので
小猿ちゃん的には楽しみらしく
誇らしげに長女に報告していました。

つづく

[PR]
# by viola2013 | 2017-09-21 22:55 | おうちカフェ | Trackback | Comments(0)

Pumpkins

c0289791_02165062.jpg
今年も、あっという間にこの季節になりました。
私は、ハロウィンのデコレーションが嫌いな人なので
9月の終わりから、11月の終わりまでサンクスギビングのデコレーションです。

毎年、模様替え心をぐっと掴むデコレーションが出回りますが
1年経って、去年のデコレーションを出すのも楽しみです。

でも、こちらは毎年この時期にだけ出てくるモノ。
c0289791_02165124.jpg
いつだだったか「私はこの時期、これをいっぱい買いだめするのよ。あなたも買いなさいよ」と
見知らぬおばあちゃんに、勧められた事がありましたが
私は、お店でぼーっとしているからか、よく「これは、絶対買いよ!」と声をかけられる事が多いのです。

アメリカ人って面白いですよね〜。
そんなのあなたのお口にあっても、私には合わへんかもしれんし・・・と思うのに
堂々と、いやセールストークがんがんに、隣にいる私に売りつける人によく出くわします。

ただ、どうもあのパンプキンラテ・・とか、無理やり珈琲に秋を注入するお飲み物とかは苦手です。

その代わり、子供達が小さい頃よく作った、ホットアップルサイダーなどは
必ずこの時期になると、一度は作って秋の夜長を楽しみますが・・・。

ただ・・・そういう事を一緒に楽しんだ事を覚えていてくれるのは長女だけで
次女子、三女ともなると、どうなんでしょうね〜。

三人姉妹といえば、過保護のかほこ。

最後まで、黒木ママの境界線を越えると性格が変わってしまう謎はわかりませんでしたが
私は一種の共感を覚えるドラマでした。

それにしても、黒木ママに時任パパ、そしてかほこちゃんのあの迫真の演技は
とても別のドラマの同一人物と思えない、すんばらし〜っものでしたね。

介さんお気に入りの、コードブルーの灰谷先生も
ふれなばおちんの彼だと、介さんは全然気づいてくれませんでした。
役者って、すごいですよね〜。

エニアグラムで、私はTVを見る事でリラックスできるタイプだというので
結構、必修的に録画を見たりしていますが
このすこぶる悪い体調をどうにかする為に
ウォーキングとかをしなければいけない、お年頃になった気がいたします。
これだけ体重が変化していれば、運動しないほうがおかしいのですけども。

まずは、ダッフィーのお散歩と思っていたら
これを書いていある間に、介さんと小猿ちゃんで連れて行かれてしまいましたとさ。



[PR]
# by viola2013 | 2017-09-18 02:15 | インテリア | Trackback | Comments(0)

Church picnic*

c0289791_02193435.jpg
日曜日は、日英合同礼拝の後
チャーチピクニックでした。

今年は、ヤングファミリーが沢山参加して下さって
例年に増して、和気あいあいとノンビリ楽しいピクニックでした。

ベビーカーに乗っていたベビーたちが
歩くようになっていたり
ママのそばを離れなかった子たちが
お砂場やバウンシングテントで楽しく遊んでいました。

シニアの皆さんは、丘の木陰で楽しそうにお話しし
ヤングな方々は、バレーボールコートで汗をかき
ご主人さまには初めましてのご家族や、
新しい駐在のご家族との出会いもあり
ノンビリとした心地良い1日でした。

c0289791_11520323.jpg
エッセイの締め切りが3つある次女子ちゃん。
宿題持参でも、子供たちと遊びたいらしい。
遠くの長女も、子供たちの動画が宿題中の慰めとなったようです。

ブログのご感想を、意外にも沢山頂きました。
こんな行き当たりばったりブログなのに、恐縮です。

書きたいことは沢山あるのだけど、
ゆっくりじっくり、スローペースなので
今まで以上に、一つのことに時間が必要な気がします。
その分、日常の毎日を
とても充実してエンジョイできているので
これはいいなぁ〜と思っています。

そんな事を分かち合う集まりを
やっぱりしたいですね〜と言ってくださる方がいて
「仲良しグループ」でも「趣味グループ」や
「学びのグループ」「タスクを共有するグループ」でもなく
(by カナダのIさんの言葉)
互いのスピリチャルジャーニーに感動しあう
そういう会を、御心ならば、、、、と思っています。
公募はしませ〜ん。学び会ではないので
もうすでに、メンバー決まっている感じです。
だけど、一番ここに加わって頂きたい方は、
日本にいらっしゃるという、、、、。

夫婦の学び会や夕拝や、幼児子育ての会と
求められている課題がいっぱいあるのですが
ひとつひとつ、WWJDでノンビリと〜。
あんまりノンビリしすぎて、ルルレアの皆さんに怒られそうですが〜。

この日、夕方には秋の風が吹いていました。
裏庭の落ち葉がいっぱい集まったのを見て
焼き芋を焼きたくなりました。
危険なので、そんなことしませんけど〜。笑

[PR]
# by viola2013 | 2017-09-17 02:18 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

We are loved by God*

c0289791_09014750.jpg
今日は、お呼ばれして
美味しくて素敵なランチを、ご馳走になりました。
それだけではなく
c0289791_09014733.jpg
梅ジュースの果肉入りゼリーに

c0289791_09014780.jpg
久しくお目にかかっていない
一個一個のショートケーキ。
(切り分けられていないという意味です)
最高に美味しい、至福の時で
お二人から、教えられる事が沢山ありました。

何よりも幸せだったのは
礼拝のメッセージの恵みや、
それぞれが、教えられていることなどを
分かち合って下さったことでした。
神さまが、その方にとってどんな存在となったのか
それを伺って、私はとても恵まれました。

そして、もっともっと神さまから愛されていることを
頭ではなく、心で実感される方々が加わって
「嬉しいね〜、幸せだね〜」と
分かち合えたらいいなぁ〜と思いました。

ご一緒にどっぷり神様の愛に浸ると
益々、毎日が喜びと希望で溢れてくる。
枯れない泉が心に湧いてから
どんなに落ち込むことや、辛くなる事があっても
コンコンと溢れてくる喜び。

本当に神さまの愛って
こんなにも、私たちを変えてくれるんだなぁ〜
すごいな〜と、わぁ〜わぁ〜感動して帰りました。

見よ。兄弟が和合して共におるのは、
いかに麗しく楽しいことであろう。
詩篇133:1 


私達のそれぞれの存在を、この分かち合いを
神さまが、とっても喜んでくださっている。

そう思える祝福の時間でした。
ありがとうございました〜^_^

[PR]
# by viola2013 | 2017-09-14 23:31 | カウントブレッシング | Trackback | Comments(0)

Lemon cupcake

c0289791_13472315.jpg

風に吹かれて、レモンの木から
レモンが沢山落ちてきたので
レモンカップケーキを作りました。

大好きなお店"Lemonade"のレシピからですが
アイシングに入れるレモンカードの代わりに
あっさりレモン汁にしたので
とっても爽やか(酸っぱい)クリームです。
c0289791_13472425.jpg

多分、レシピどおりであったら
こってり甘いレモンカップケーキになるけれど
ケーキがしっかりした重みがあるので
レモンクリームチーズとの相性が良く、
病みつきになりました。

でも、甘くない=カロリー低いわけではないので
調子にのると、大変な事になりますね。

今日のカップケーキで、小さなファミリータイムを持ちました。
高校生の部活や宿題で、なかなか時間を合わせる事が難しいけど
夕食後のデザートタイムには、どうにか集まれる。
(介さんへのメールや電話がかかってくるタイムではあるけど)
この時間を作り出すのは難しいけれど
せめて、一週間に一回を目標に
こういう時間を大切にしたいです。

[PR]
# by viola2013 | 2017-09-14 13:26 | おうちカフェ | Trackback | Comments(0)

A College cheat sheet

c0289791_03090280.png

大学のペアレンツグループの一人が
娘の課題とテスト勉強でストレスを抱えている時
このシートに出会ったのでと、シェアしてくれました。

受験生、大学生、社会人それぞれが抱えているものだな〜と思って
私自身が励まされました。

そこでの会話は、こんな感じです。

Great advise! And typically... it takes awhile to settle in... I've had two that were disgruntled over Bio...
but as my son stated ( my paraphrase),

" We are all in it together... it's an academic school...
there's always someone who is a better student...
isn't that one of the reasons you wanted me to go to Wheaton?".



削除
このコメントに、別のお母さんが返します。

Yes, so true! And it's a hard class... but hard doesn't necessarily mean bad.
This generation of students needs to be okay with hard.
Some things just are, and that's okay.

学部によっては、相当大変なところもあるようです。
でも、私が感動したのは
学生たちがみんな、一番になるため、蹴落とすために競い合うのではなく
互いの為に、そして神様の為に生きることを目指して切磋琢磨する姿。

できる子は、できない子の為に立ち止まって教え励まし
お互いに隣人としていきる。
長女は、まだ入ったばかりで、今までとの生活のギャップがありそうですが
教室では普通学び得ないことを、教えて頂いているようです。

今の時代は、私たちが育った時代と比べただけでも
子供達の置かれている環境、
もっというならご主人様たちの職場でのストレスも、相当なものです。

当然、私たち主婦であっても
その大切な家族を、どうやって励まし、支えていくか
また、自分たちも流されず、どう毎日を平安で過ごしていくか
本当に大きな課題だなぁ〜と思います。

このシートを読んだ時に
いかに、自分たちの生活の中に 「大丈夫だよ〜」という声が必要かを思いました。
そしてそれは、周りの人たちからだけではなく
私たちの心の全部をわかっていてくれて、この先のこともご存知で責任を取ってくださり
私たちとの人格的な交わりを望んでいて下さる神様からの
「大丈夫だよ〜」が必要なのだなぁと思いました。

もっと、もっと!と掻き立てられる不安が
私たちの、今与えられている喜びや先の希望を見えなくさせる。

あ〜、本当に必要なのは
どんどん習得していくことや、みんなと競い合い
同じレベル、それ以上に到達することでもなく
「わたしの存在を喜んでくださる神さま」を
もっともっと、生活の中で知っていくことだなぁ〜と思いました。

ご自由にシェアされて下さい。
PDFが欲しい方は、lovegenesis2815@gmail.com までご連絡ください。

[PR]
# by viola2013 | 2017-09-13 00:33 | 長女の大学生活 | Trackback | Comments(0)

Rock climbing*

c0289791_00075412.jpg

暑い日が続き、冷やしうどん。
といっても、かき揚げを作る気にもならない暑さ。
キッチンにいるだけで、気分が悪くなり
頂いた貴重なミョウガやシソ、
柚子胡椒、にんにくオイルやしらすに納豆
あれもこれもといれて、頂きました。

これの写真を長女に送ったら
「そうめんたべたい・・・・」とテキストが帰ってきました。

あんなに美味しいカフェテリアで毎日食べているのに
「そうめんがたべたい・・・」とは・・・日本人だったのですね〜。

どうやら、毎週 ジャパニーズプレイヤーミーティングなるものに参加し
日本に住んでいたMKや学生、大学院に留学に来られた方々の集まりに
参加させて頂いているようです。
食事は和食よりアメリカンな食事を好み
日本語のコンプレックスがあるので
以前の長女からすれば、ちょっと意外だったのですが、
このような集まりに参加させて頂いていると聞き、
とっても嬉しかったです。

毎日、夜12時までは図書館
それからは、みんなが勉強している場所を見つけては
深夜まで宿題を頑張っているようですが

週末は、学生たちのスポーツ観戦をしたり
お友達と色々な教会を巡って
夜は、教授のおうちでアフリカンディナーを体験したり

放課後には、ジムにあるロッククライミングにはまっていて
(ぶらさがれるのか?)
なんと、カレッジソフトボール部のマネージャーにもなったそうです。

さすがに、忙しすぎるのではないか?
最初から飛ばしすぎじゃない?と心配したのですが
毎日が修養会のように恵まれ、祈られ、学ぶ環境
勉強は大変だけど、羨ましいくらい充実した毎日を過ごしておられるようです。
c0289791_00400914.png

[PR]
# by viola2013 | 2017-09-12 00:06 | 長女の大学生活 | Trackback | Comments(0)

Tea from Singapore

c0289791_02230658.jpg

シンガポールのお土産で夏にNg家から
頂いていた紅茶を、
先日ようやくご馳走になりました。

c0289791_02230600.jpg

コットンの布に入った立派な葉茶。
ホワイトティーがこんなに美味しいとは〜💕

c0289791_02230723.jpg

小猿ちゃんと、パンプキンパイ(コスコのなので連日)
を頂きながら、Ng家とのフレンドシップを
思い返す午後でした。
c0289791_02230743.jpg

そうそう、こちらとこちら
c0289791_02230706.jpg

一応、お買い求めして頂くために内容が
見えないようにしていますが
今回は、トピックがトピックだけに
読み応えがあり、とても慰められました。

ここでシェアしちゃっていいのかわからないのですが
すごくシェアしたいことがたくさん。

特に、牧師のメンタリティに関する藤掛先生の記事は
よくぞ、よくぞここまで書いて下さいました。
という感じです。

牧師は、喪失体験を人一倍繰り返す中で
トラウマになってしまうこととか、、、
みーちゃんはーちゃん先生が、
どこかで書いてくださってなかったかな?

「舟の右側」の佐知さんの特集と
「Ministry」の朝岡先生の連載は、
毎度素晴らしく、心に響きます。
[PR]
# by viola2013 | 2017-09-11 02:05 | カウントブレッシング | Trackback | Comments(0)

LL Bean*

c0289791_23192797.jpg

お泊まりしたわけではありませんが
カーメルには、可愛いInn が沢山ありますよね。
私は旅が好きなので、
若い頃は、日本から一人旅をしてミネソタ州に旅したり
メイン州の海辺の街まで、LL Beanの本店に出かけたことがあります。
その時に、泊まったところがこんな感じでした。
c0289791_23192820.jpg

あの頃は、LL Beanのお店も日本になくて
アメリカから通販していました。
アメカジ、渋カジ全盛期だったといっても
多分、「何それ?」と言われそうなはるか昔になりましたが
渋いのではなく、渋谷で流行ったカジュアルな服装
だった時を記憶しています。
ちなみに、アメカジは
アメ横やハリウッドランチマーケットなどで
リーバイス501やネルシャツ、カレッジティーシャツ
ヴィンテージシャツを綺麗に着こなすのがお流行になり
女子は、ネイビーかグレーのカレッジトレーナーに
チェックのミニスカートか(つまり制服姿)か
カーキ色のキュロット(死語?)か短パンに
リーボックやコンバースのハイカット
男子は、ヘンリーネックのティーシャツに
古着の501とエンジニアブーツ。
昔の江口洋介、キムタクあたりの、、、
と言ったら雰囲気つかめるでしょうか?
(このネタ、青春振り返りネタで時々登場します)

それ以前は、女子大生にハマトラと称するファッションが流行り
横浜の老舗のお店の服やバック、靴が売り切れになりました。
その頃、私は小学生だったのですが
巻きスカートにハイソックス、ローファーを着せられて
同じ海辺でも田舎の海辺から
浜トラ(横浜トラッド)な横浜にわざわざ、
叔母と叔父に連れられてお出かけに行くのが
とても楽しみでした。

前置きが長くなりましたが
長女がまさに、そのカレッジファッションの洗礼を受け
西海岸とファッションがそろそろ違う季節になり
面白がって、母の青春を振り返っては
ファッショントークをしています。

そのうち、またこのファッショントークについて
近況をお知らせいたしますね。

ちなみに、次女子様のファッションには
全くついていけないので、彼女が崇める
ファッションリーダーのMちゃんのお下がりで
ほ〜、へ〜と時代を学んだおります。

そうそう何のお話かって、LL Beanのダックブーツ
去年は、完璧に生産が間に合わず(メイン州で作っている)
クリスマスプレゼントにしてあげれなかったのです。

それでも、母は生産が開始するのとSALEを地道に調査し
長女のサイズがSALEになったので伝えると
さっさと、ご自分のバイト代でご購入されてしまいました。
大きくなったものです。

背の低い長女がはくダックブーツ。
雪のシカゴでは、大活躍だと思いますが
まさに、ダックにしか見えない姿でテクテク歩く
冬の長女を思い浮かべて、苦笑する母。

なんと、LLBeanのご近所の
同じPKのお友達ができたらしく
懐かしいメイン州へも、行ってみたくなりました。
ダックブーツと言えば、大好きな神学校のお友達の
かおりちゃんを思い出します。
そして、介さんへの最初のプレゼントが
LLBeanのナイロン素材の丈夫な聖書カバーで
数少ないデートも、吉祥寺のLLBeanでした。

20年経った今、その聖書カバーは
12歳で洗礼を受けた時に頂いた聖書を入れて
長女が大学に持って行きました。
それを荷作りした時、実はそれは
マミーからダディーへのプレゼントだったと知り
そんな古い物、、、と嫌がるかと思ったら
私と同じでヴィンテージ好きな長女
嬉しそうに持って行きました。
なんだか、感慨深いものがありました。
c0289791_23192826.jpg


[PR]
# by viola2013 | 2017-09-09 22:10 | おきにいり | Trackback | Comments(0)

Church cafe kickoff *

c0289791_13030783.jpg

長い夏休みが終わり
40 Union caféが、始まりました。
又々新しい顔ぶれで、初めて教会に来ました。
という方が多かったです。

来週から、JOL (英会話)も始まるので
なんだか賑やかさが戻って来ますね。

わたしは、今学期はバイブルティタイムをせずに
マンツーマンのバイスタやカウンセリングに
時間を開けることにしました。
今までのミニストリーをスローペースにして
その分、フレキシブルでありたいと思っています。
つまり、のんびり楽しく過ごそ〜う♪と言うわけです。

長女が旅立って思ったことは
彼女とは十分に、二人の時間、家族の時間を過ごして来たな〜という事。

ブログを書くことでリセットしたり、
子育て中も自分の時間も大切にしてきました。

でも、この4年間はなかなかそうはいかず
なんだか、自分が自分でないような
どこにも居場所がないような気がしていたので
最初は、流されるまま、
追い立てられるように時間を過ごしていた事に
このサバティカルで気づきました。

ここで出逢った人、今を共に過ごせる人とは
いつか、さよならをする日が来る。
この4年間、数え切れない沢山の方々にお会いして
沢山の方々が、日本に帰っていかれました。

だから、今一緒に時間を過ごせる時に
あの方と、この方とおしゃべりしたり
一緒にお祈りしたりしたいと思います。

わたしは、こう見えてとても気をつかいます。
だからかな〜、一緒にいてホッとする方が限られる。笑
ピリピリしたり、掻き立てられる雰囲気や
競争心を煽るような場所には、
当分身を置きたくないなぁ〜と思っている。

皆さん、ここから移られた方々は
どんな毎日を過ごされているのかな〜。
少なくても、我が家の御長女は
毎晩夜中の2時まで宿題しながらも
自分を取り戻し、とても有意義な毎日をエンジョイされている。
その姿をみて、きっと場所ではないんだなぁ〜
自分がどこにいるかではなく
自分が何をみて、どんな風に過ごすかなんだなぁ〜と
教えられたわけなのです。

わたしは、あまりにも人種が違うので
その周りの人ばかりをみて、焦り、恐れ
なんとかして、ついていかなければと思った。

でも、上手く立ち振る舞い生きているようで
実は、自分がない人の姿が見えたり
とても大変そうに見えていたけど
自分をしっかり持って、
ちゃんと今をエンジョイされている姿を見たり
沢山の方々にあった分、色んな姿が見えてきて

私も、本当の私を取り戻そうって思えました。

でも、結構それって実はとても難しいので
聖書の言葉や、内側の心の変化に耳を澄ませ
手のひらをそっと広げて
ただ注がれている恵みを、
受けとることからスタートしていこうと思う。

そんな思いを共感したいと言って下さる方々と
お互いの事をシェアしながら
ゆっくり、マイペースをつかんで行こうと思います。

何作ろうか〜と悩むのもやめました。
だから、今回もまたデザートはこれ。
自分が好きなものを、作って食べるのが一番ですものね。
って、、、今日も食べれなかったけど〜。

いよいよトーナメントが始まる次女子様と
コスコのパンプキンパイ。
夜のデザートタイムです。

わたしはの日記は、時々後から鍵になったり
内容が訂正されたりします。
それだけ、思いのままに書いていて
後から、ヤバっ!っとなるからです。

それもまた、自分にとっての
良い反復トリートメントになっていますので悪しからず。

[PR]
# by viola2013 | 2017-09-09 12:06 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

北アメリカ暮らしも18年。今日も、小さな幸せをみつけられますように☆


by ma*
プロフィールを見る